映画「レッドバロン」について


一度見た方も初めての方も楽しめる映画「レッド・バロン」

画像出典:Amazon

2008年に公開された映画の「レッド・バロン」。既に見ていて懐かしいと思う方もおられるのではないでしょうか?今回はその映画のあらすじや出演者や監督に至るまで徹底的に分析したいと思います。

 

これから見てみたいという方や興味があったという方はもちろん、もうご覧になっている方も最後までお楽しみいただければ幸いです。

 

 

 

映画「レッド・バロン」の解説

第一次大戦におけるドイツ空軍の英雄、マンフレート・フォン・リヒトホーフェン男爵の素顔に迫る伝記映画です。彼は「レッド・バロン」または「赤い男爵」や「赤いあくま」といった異名を持っていました。

 

●映画「レッド・バロン」予告編ムービー

 

レッド・バロンのあらすじ①:出会い

1916年のフランス北部。パイロットで超一流の腕を持つ、マンフレート・フォン・リヒトホーフェンは、連合国の奇襲を受けることになり、撃墜したカナダ人パイロットのブラウン大尉を従軍看護師のケイトと共に地上で救助します。その後も多くの敵戦闘機を撃墜し、1917年にはドイツ軍最高栄誉と言われるプール・ル・メリット勲章を授与されます。

 

レッド・バロンのあらすじ②:レッドバロンの誕生

リヒトホーフェンは仲間達が一人また一人と死んでいくために、戦闘機を赤く塗るようになります。理由は、目立つため不意打ちができなくなることと、凄腕パイロットだったのでわざと相手の的になることでした。そのことからも、彼は「レッド・バロン(赤い男爵)」や「赤い悪魔」として連合国軍より恐れられる存在になったのです。同じ部隊へ弟のロタールが配属になります。

 

レッド・バロンのあらすじ③:転機

1917年7月、敵の射撃により頭部を負傷したリヒトホーフェンはケイトに看病をしてもらいます。傷を負っている間は、一緒に楽しいひと時を過ごすことになりました。頭の傷が最高という彼の言葉を受けて、ケイトと共に瀕死の重体患者が収容されている野戦病院へ向かうことになります。

 

リヒトホーフェンは自分が英雄として称えられている裏では、仲間たちを死地に送り込んでいるということに気づいたのです。ケイトと過ごす夜、敵からの奇襲を受けますが負傷している体で戦うことになり、また犠牲者が出ることになったのです。

 

レッド・バロンのあらすじ④:激動の最後

閣下と将軍に降参を要請するものの、激怒した閣下が彼を再び空軍へと戻るよう命令しました。ドイツ軍は総力戦に挑む作戦を実行しますが、敵は約4倍の数でした。リヒトホーフェンは80機もの戦闘機を撃墜します。しかし、その翌日にフランスのソンム川近くで撃墜されることになったのです。そのパイロットはブラウン大尉とも言われています。

 

 

 

レッド・バロンの制作データ

画像出典:シネマトゥデイ

レッド・バロンを手掛けたのは、ニコライ・ミュラ―ションという監督・脚本家です。上映時間は2時間9分です。キャストや日本語吹き替えに関しては、これから詳しく紹介させていただきます。

 

レッド・バロンの主要人物キャスト

・マンフレート・フォン・リヒトホーフェン:マティアス・シュヴァイクホファー

・ロタール・フォン・リヒトホーフェン(弟):フォルカー・ブルッフ

・ケイト・オテルスドルフ:レナ・ヘディ

・ロイ・ブラウン:ジョセフ・ファインズ

・ヴェルナー・フォス:ティル・シュヴァイガー

 

日本語吹き替え(主要人物キャストと同順)

・中川慶一

・伊勢文秀

・小日向みわ

・茶花健太

・樋口智透

 

マンフレート・フォン・リヒトホーフェンの吹き替えを担当した中川慶一(なかがわけいいち)さんのプロフィール

画像出典:Amebaプロフィール

1980年12月31日生まれ

出身地:滋賀県

所属:アクセント

趣味:料理

長所:ポジティブ

短所:ウッカリ者

 

 

 

レッド・バロン特別映像をご紹介

では、ここで映画「レッド・バロン」の特別映像をいくつかご紹介させていただきたいと思います。

 

●映画「レッド・バロン」特別映像①

 

●映画「レッド・バロン」特別映像②

 

 

 

豆知識:バイク「株式会社レッドバロン」との関係

バイク販売会社最大手の株式会社レッドバロンは、会社のホームページにおいても、赤い男爵「レッドバロン」にちなんで、社名を決定したと明言している。

人々から「燃える男爵」として賛美された撃墜王リヒトホーフェンへの思いを、モータースポーツのライダーの中に見出したようだ。「燃える男爵」であれ!というライダー像を創業以来のシンボルとしている。

映画「レッドバロン」が日本で発表されたときは、提携も行い、広告宣伝をサポートしている。



まとめ

出演者やストーリーなど、とても魅力的な映画レッド・バロン。

2008年に公開された映画なのでリアルタイムに映画館で見ることは出来ませんが、動画やDVDなどでご覧になることはできます。今回ご紹介したことで興味が湧いたという方は、ぜひ一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。





まずは、査定額を今すぐチェック!


最高の査定額を得るために、ユーザーとしてできることは、とにかく業者を比較すること。数ある一括査定サイトの中で信頼できるサイトのみご紹介いたします。

【比較サイトNo1】バイク比較ドットコム

バイク比較ドットコム

「バイク比較ドットコム」を使うメリット

【50万人が利用】実績ダントツNo1のバイク買取一括査定サイト
【業界1~5位参加】業界No1バイク王・No2バイクランドも参加!
【過去の買取相場まるわかり】過去数万件のデータが入力後スグわかる、相場感がすぐつかめる!!
【バイク業者が選べる】安心のシステム
【29秒で終了】かんたんな入力!


10万円以上も一括査定でお得↓↓

>>今すぐ買取相場をチェックする!


ページTOPへ

バイク買取TOPへ

(参考)車一括査定ナビクルの評判



バイク買取業者、口コミ評判ランキング【TOP17社】

【買取No1・知名度No1】バイク王の評判

(154件)
バイク買取台数年間12万台でぶっちぎりの1位!問題の満足度は…!?

【買取No2・対応車種No1】バイクランド評判

(64件)
バイク買取業界ではバイク王に続いて2位といわれていますが、その評判は…!?

【買取No3】バイクボーイ(ナガツマ)評判

(23件)
全国6店舗のみでも沖縄・一部離島を除くほぼ全地域に対応!その評判は?

【買取No4・口コミNo1】バイク査定ドットコム評判

(16件)
販売店『MFD』も運営し、査定額も高いと評判のバイク査定ドットコム。

【買取No5】バイクエースの評判

(10件)
満足度高い!事故車・不動車にも強く、丁寧な接客と正直な査定で有名。関東・東海・関西・九州に対応

【買取No6】バイクワンの評判

(21件)
2007年設立のバイク買取専門店ですが、業界大手と言われるまでに急成長。果たして評判はどうなのか?

【満足度No1】ホワイトナイト評判

(7件)
九州・福岡の雄。レッドバロンの子会社で満足度もダントツ高い!九州・四国の対応のみ

【評判いい】小笠原オートショップ

(11件)
買取部門「BVC査定センター」と販売部門「Oh!バイク直販センター」を運営。広島本社

【広島本社】アールエス福山

(11件)
広島を本社とする急成長中のバイク業者。中四国だけでなく対応地域も拡大中!

【販売No1】レッドバロンの評

(26件)
バイク販売台数10万台でぶっちぎり1位!果たして、買取はどうなのか?

バイクショップロミオ評判

(9件)
関東・関西を中心に店舗を展開、買取りを強化しているバイクがあえばお得になるかも…

SOX(ソックス)評判

(4件)
売上高80億円とバイク業界でも大手に入るソックス。バイク買取の評判は?

バイクパッション評判

(2件)
パッション屋良を起用したプロモーションで知名度を少しずつ拡大しているバイクパッション

ホンダドリーム評判

(-件)
ホンダのディーラー。有資格検査員など対応のよさはピカ一、独自の買取基準など要チェック!

YSP評判

(-件)
ヤマハのディーラー。「YSPスペシャルローン」という残価設定型ローンなど要チェック!

ユーメディア評判

(-件)
神奈川No1、KTMやトライアンフもカバーするディーラー。22店舗展開するなど要チェック!

バイク買取センター評判

(-件)
現車査定すると全員にQUOカードをプレゼント!

(参考)ガリバーの評判

(55件)
【車買取】台数年間20万台でぶっちぎりの1位!店舗数も1位ですが、実際のところ満足度は…!?


【関連1】レッドバロン、サービス別関連記事まとめ

レッドバロン店舗の特徴・口コミ

北海道・東北
北海道 | 青森 | 秋田 | 岩手 | 山形 | 宮城 | 福島

関東・甲信越
東京 | 神奈川(茅ヶ崎店) | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 栃木 | 群馬 | 山梨 | 長野 | 新潟

東海・北陸
愛知 | 岐阜 | 三重 | 静岡 | 石川 | 福井 | 富山

関西
大阪 | 兵庫 | 京都 | 奈良 | 滋賀 | 和歌山

中国・四国
広島 | 岡山 | 鳥取 | 島根 | 山口 | 香川 | 徳島 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄
福岡 | 佐賀 | 長崎 | 大分 | 熊本 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

販売や買取に関する記事


車検・保険・ロードサービスなど、メンテナンスに関する記事


レッドバロンその他の記事

バイクの歴史

バイク買取!おすすめ

人気バイク買取相場ランキング

買取業者、規模別ランキング

バイク車検

その他

(参考)車買取の記事