意外と知らない?バイクの名義変更の手順を一挙公開!

バイクをローンまたは個人売買で手に入れたいという方にとっては、名義変更のトラブルを避けるためにも避けて通れません。しかし、バイクの名義変更に関する情報って意外と出回っていないですよね。

今回は、そんなバイクの名義変更に関して、排気量別に手順を公開するとともに、自分で手続きできるような内容になっています。

 

 

そもそも名義変更とは?

バイクの所有者が変更になったときに行う手続きのことで、この手続きを行うことで所有者が変わることになります。

バイクを購入するとき、

・ディーラーや販売店から購入

・オークションやアプリを通じた個人売買

・知人間で譲渡

主にこういった経緯で購入することが一般的ですが、同時に名義変更をする必要があります。

新車を一括で購入するようなときは縁がないかもしれませんが、ローンや個人売買で購入するときは名義変更が必要になります。また、結婚・離婚によって氏名が変更になった場合も同様です。

 

 

 

名義変更の手続きは排気量によって異なる

一口に名義変更といってもバイクの排気量によって異なるので、よく確認しておきましょう。

 

原付バイク(125cc以下)の名義変更手続き

125cc以下のバイクの名義変更手続きは、下記のとおりです。

 

原付(原付二種も含める)の名義変更に必要なもの

必要なもの

前オーナー

新オーナー

備考

ナンバープレート

-

所轄が変わるときは外す

標識交付証明書

または軽自動車税申告書

印鑑

前・新オーナーどちらも必要

廃車証明書

-

前オーナーから新オーナーへ渡す

譲渡証明書

-

 

自賠責保険証明書

自賠責保険が残っている場合

身分証明書

-

免許証や保険証

車体番号の石刷り

-

 

石刷り(いしずり)とは、紙やマスキングテープなどを車体番号に当てて、鉛筆でこすってナンバーを転写したものを指します。不要な場合が大半ですが、地域によっては提出を求められる場合があるようです。標識交付証明書と譲渡証明書は、市区町村の役場でも置いていますが、インターネットからダウンロードすることも可能です。

自賠責保険は、期限が切れていれば加入する必要があります。(12ヶ月:9,510円、24ヶ月:14,290円)加入できる場所は損害保険会社の本支店や代理店、バイク販売店やディーラーなどです。最近では、コンビニでも手続きできるようになっていて大変手軽です。

 

手順①:廃車手続きを行う

前オーナーが住んでいる市区町村の役場で廃車手続きを行います。厳密にいうと、50cc~125ccバイクは、251cc以上の自動二輪と違って名義変更ではなく、一度廃車扱いにする必要があります。

 

手順②:廃車証明書を発行してもらう

廃車手続きが完了したら廃車証明書が発行されます。前オーナーが、氏名を記入して印鑑を押します。※自治体によっては廃車申告受付書と呼ぶこともあるようです。

 

手順③:新オーナーへ廃車証明書、譲渡証明書、車両を渡す

廃車証明書は市区町村によって形式が異なっていて、譲渡証明が一緒になっている場合があります。その場合は廃車証明書のみで譲渡証明書は不要になります。

 

手順④:新オーナーが役所へ行って手続きを行う

新オーナーが、自分の住まいのある市区町村の役所へ行って登録手続きを行います。その際、前オーナーから受け取った書類と印鑑、身分証明書、石刷り(必要であれば)などを忘れないようにしましょう。

 

手順⑤:ナンバープレートと標識交付証明書の交付

新しいナンバープレートと標識交付証明書を受け取れば、名義変更は完了です。ナンバープレートに関しては無料なので、代金を支払う必要はありません。

 

注意点:原付のナンバー取得は陸運局ではない

原付のナンバーを取得するため、間違えて陸運局へ行ってしまう方もおられるようです。しかし、原付及び原付二種(50~125cc)の場合は、住民票を登録している市区町村の役場で行っているので注意が必要です。

 

 

軽二輪(126~250cc)の名義変更手続き

軽二輪の名義変更の手順は、下記のとおりです。

 

軽二輪(126~250cc)の名義変更に必要なもの

必要なもの

前オーナー

新オーナー

備考

ナンバープレート

-

所轄が変わる場合に必要

軽自動車届出済証

-

ナンバー交付時に受け取る書類

印鑑

前・新オーナーどちらも必要

自賠責保険証

自賠責保険が残っている場合

住民票

-

発行から3ヶ月以内

軽自動車税証明書

-

陸運局内の自動車税事務所で入手

譲渡証明書

-

必要になる場合あり


手順①:管轄の陸運局へ行く

ナンバープレートを持って管轄の運輸支局(以下陸運局)へ行く必要があります。このとき、ナンバープレートだけを持ち込み、バイク本体を持ち込む必要はありません。

 

手順②:書類を作成する

名義変更に必要な書類を陸運局の売店で購入して、書類に必要な事項を記入していきます。書類には聞き慣れない用語などが多いので難しいですが、前もって書類一式を揃えて記入していれば当日は楽です。

 

手順③:ナンバープレートの変更作業を行う

ナンバープレートを変更する場合は、窓口まで返却して書類に返却印を押してもらいます。

 

手順④:書類を提出する

書類を窓口へ提出します。書類に間違いがあれば返却されれば、修正して再度提出します。

 

手順⑤:税金の手続きをする

軽自動車税の申告書を提出します。前オーナーの軽自動車税を無効にする手続きを窓口で行ってくれる陸運局と自分で申請する必要がある陸運局があり、申請書を渡すタイミングなども異なります。管轄する陸運局に問い合わせてください。

 

手順⑥:ナンバーの変更作業を行う

新しいナンバープレートを購入して、自賠責保険の有効期限が記載されたステッカーを張ります。前のナンバープレートから上手に剥がせなかった場合は保険会社に再交付してもらう必要があります。軽自動二輪の名義変更はこれで完了です。

 

軽二輪の名義変更動画

バイク名義変更の仕方 250cc編

 

 

小型二輪(251cc~)の名義変更手続き

最後に、小型二輪の名義変更の手順をご紹介していきます。普通自動二輪とも呼ばれますが、車検のある251cc以上のバイクであれば、陸運局や自賠責保険の分類では例え750ccでも「小型二輪」という扱いになります。

 

小型二輪の名義変更に必要なもの

必要なもの

前オーナー

新オーナー

備考

ナンバープレート

-

所轄が変わる場合に必要

車検証

-

 

印鑑

前・新オーナーどちらも必要

自賠責保険証

自賠責保険が残っている場合

住民票

-

発行から3ヶ月以内

軽自動車税証明書

-

陸運局内の自動車税事務所で入手

譲渡証明書

-

前オーナーの押印が必要

委任状

-

前オーナーが行わない場合に必要

手数料納付書

-

陸運局で入手

小型二輪では、前オーナーが手続きを行わない場合には前オーナーの印鑑が押された委任状が必要です。車検が切れている場合は、陸運局で車検を受ける必要があります。その時は、検査手数料1,400円のほか、自賠責保険料や自動車重量税を支払わなければなりません。

手順に関しては、軽二輪または以下の動画を参考にしてください。

 

小型二輪の名義変更動画

バイク普通自動二輪の名義変更を自分でやれば激安!

 

 

 

名義変更の注意点

陸運局の受付時間や休日について

陸運局の登録申請受付時間は、午前9時~午後4時まで、午前11時45分~午後1時までは休憩時間です。休日は土・日・祝・年末年始(12月29日~翌年1月3日)です。

ちなみに、検査受付時間は8時45分~11時30分、12時45分~3時30分です。

 

 

個人売買でも代行してもらえるサービスがある

では、販売店購入ではなくオークションや知人からの購入といった個人売買ではどうなるのか。もちろん名義変更を個人で行う必要がありますが、中には時間がないという方もおられると思います。そういう方は、民間の代行サービスを利用する方法もあります。

代行サービスの中には行政書士の資格保有者が提供している場合もあるため、信頼性を重視するなら利用してみても良いかもしれません。

 

代行サービスを利用したときの料金

民間の代行サービスを利用した場合、排気量によって金額の差が多少異なるようですが、1万円~2万円ほどの料金が必要になります。また、住民票や抹消手続きなどを依頼するときは、別途3,000~5,000円ほどの費用が発生します。

 

 

バイクの名義変更失敗あるある

バイクの名義変更の際に、よくある失敗例をいくつかご紹介します。事例を参考にして、同じ失敗をしないように注意しましょう。

 

失敗事例①:陸運局まで足を運んだが受付時間は終了していた

陸運局まで足を運んだものの、受付時間が終了していたという事例です。先述のとおり、陸運局の受付時間は午前9時~午後4時までとなっています。仕事帰りに立ち寄ったという方、間違えて休日に行ってしまった方などもおられます。受付時間は意外と短いので注意してください。

 

失敗事例②:軽自動車届出済証の所有権が販売店だった

バイク名義変更のために書類をもって陸運局まで行って、軽自動車届出済証を確認したら販売店の名義だったという事例です。所有者である販売店に連絡して、販売店の押印のある書類を送ってもらう必要があります。

 

失敗事例③:軽自動車届出済証がコピーだった

軽自動車届出済証は、コピーではなく原本を提出する必要があります。原本はバイクのナンバープレート管轄の陸運局であれば、再発行の手続きが可能です。

 

失敗事例④:自賠責保険の有効期限が切れていた

軽自動二輪の場合、自賠責保険の提示が必要になります。有効期限が残っていないと受付けされないので、加入する必要があります。

 

 

バイクの名義変更まとめ

いかがでしたか。

名義変更で最も大変なのは書類の記入といわれていますが、陸運局では見本が置かれているので案外書けてしまいます。特に原付や原付二種であれば、市役所へ行くだけで手続きが完了していまいます。陸運局というとハードルが上がったように思いますが、スタッフに尋ねれば問題ないでしょう。

個人売買でせっかく費用をおさえても、民間の代行サービスで予算をかけてしまっては意味がありません。せっかくなので、あまり自信がないという方も、これを機に一度陸運局まで足を運んで名義変更に挑戦してみてください。





まずは、査定額を今すぐチェック!


最高の査定額を得るために、ユーザーとしてできることは、とにかく業者を比較すること。数ある一括査定サイトの中で信頼できるサイトのみご紹介いたします。

【比較サイトNo1】バイク比較ドットコム

バイク比較ドットコム

「バイク比較ドットコム」を使うメリット

【50万人が利用】実績ダントツNo1のバイク買取一括査定サイト
【業界1~5位参加】業界No1バイク王・No2バイクランドも参加!
【過去の買取相場まるわかり】過去数万件のデータが入力後スグわかる、相場感がすぐつかめる!!
【バイク業者が選べる】安心のシステム
【29秒で終了】かんたんな入力!


10万円以上も一括査定でお得↓↓

>>今すぐ買取相場をチェックする!


ページTOPへ

バイク買取TOPへ

(参考)車一括査定ナビクルの評判



バイク買取業者、口コミ評判ランキング【TOP17社】

【買取No1・知名度No1】バイク王の評判

(154件)
バイク買取台数年間12万台でぶっちぎりの1位!問題の満足度は…!?

【買取No2・対応車種No1】バイクランド評判

(64件)
バイク買取業界ではバイク王に続いて2位といわれていますが、その評判は…!?

【買取No3】バイクボーイ(ナガツマ)評判

(23件)
全国6店舗のみでも沖縄・一部離島を除くほぼ全地域に対応!その評判は?

【買取No4・口コミNo1】バイク査定ドットコム評判

(16件)
販売店『MFD』も運営し、査定額も高いと評判のバイク査定ドットコム。

【買取No5】バイクエースの評判

(10件)
満足度高い!事故車・不動車にも強く、丁寧な接客と正直な査定で有名。関東・東海・関西・九州に対応

【買取No6】バイクワンの評判

(21件)
2007年設立のバイク買取専門店ですが、業界大手と言われるまでに急成長。果たして評判はどうなのか?

【満足度No1】ホワイトナイト評判

(7件)
九州・福岡の雄。レッドバロンの子会社で満足度もダントツ高い!九州・四国の対応のみ

【評判いい】小笠原オートショップ

(11件)
買取部門「BVC査定センター」と販売部門「Oh!バイク直販センター」を運営。広島本社

【広島本社】アールエス福山

(11件)
広島を本社とする急成長中のバイク業者。中四国だけでなく対応地域も拡大中!

【販売No1】レッドバロンの評

(26件)
バイク販売台数10万台でぶっちぎり1位!果たして、買取はどうなのか?

バイクショップロミオ評判

(9件)
関東・関西を中心に店舗を展開、買取りを強化しているバイクがあえばお得になるかも…

SOX(ソックス)評判

(4件)
売上高80億円とバイク業界でも大手に入るソックス。バイク買取の評判は?

バイクパッション評判

(2件)
パッション屋良を起用したプロモーションで知名度を少しずつ拡大しているバイクパッション

ホンダドリーム評判

(-件)
ホンダのディーラー。有資格検査員など対応のよさはピカ一、独自の買取基準など要チェック!

YSP評判

(-件)
ヤマハのディーラー。「YSPスペシャルローン」という残価設定型ローンなど要チェック!

ユーメディア評判

(-件)
神奈川No1、KTMやトライアンフもカバーするディーラー。22店舗展開するなど要チェック!

バイク買取センター評判

(-件)
現車査定すると全員にQUOカードをプレゼント!

(参考)ガリバーの評判

(55件)
【車買取】台数年間20万台でぶっちぎりの1位!店舗数も1位ですが、実際のところ満足度は…!?


バイクの歴史

バイク買取!おすすめ

人気バイク買取相場ランキング

買取業者、規模別ランキング

バイク車検

その他

(参考)車買取の記事