バイクの買取相場をリセールバリューでランク付け!

相場の下落

 

 

そもそもリセールバリューって何?

リセールバリューとは、もともと中古車で使われている言葉で、3年後や5年後に愛車を売却した場合に、購入したお金に対して、どれくらいの回収が見込めるかを計算したものです。

計算式は以下のようになります。

リセールバリュー買取相場 = 【買取金額の目安】 ÷ 【バイクの購入価格】
買取相場は様々で、車種が違えば当然異なります。リセールバリューをみれば、どれが相場の高いバイクなのか、車種の比較がカンタンにできるようになります。

※「リーセルバリュー」は中古車最大手のガリバーが提案する言葉です。
※バイク買取の最大手であるバイク王は「リセールプライス」という言い方をしています。



2017年、最新の買取相場リセールバリュー人気車種ランキングTOP50

大型バイク(401cc~)買取相場ランキング

排気量メーカー・車種名年式新車価格
(万円)
買取価格
(万円)
3年落ち
リセールバリュー
1200カワサキ・ZRX1200DAEG買取相場201411692.57684%
1584ハーレー・FXDB買取相場2014168.81217272%
1200BMW・R1200RT買取相場2014261.51806969%
1200ハーレー・XL1200X買取相場201414296.15773%
1200BMW・R1200GS買取相場2014238.9160.56767%
1300スズキ・GSX1300R買取相場2014156.4101.96070%
1690ハーレー・FLHX買取相場2012(*)269.8172.96266%
883ハーレー・XL883N買取相場201411570.15666%
1246ハーレー・VRSCDX買取相場20142151275959%
700ホンダ・NC700X買取相場20146533.54568%
800トライアンフ・タイガー800買取相場2014114.751.54446%
650スズキ・Vストローム650ABS買取相場201488.239.24247%
1250スズキ・バンディット1250F買取相場2014115.548.43648%
1000BMW・S1000RR買取相場2015(*2年後リセールバリュー)219175.77387%

 

 

全体的にハーレーダビッドソンの人気モデルはリセールバリューが高い

ランキング全体を通して、ハーレーダビッドソンのバイクが多くを占めていることがわかります。

 

ハーレー自体、多くのライダーの憧れといえます。ハーレーでは、ファミリーと呼ばれる数多くのシリーズの中でも、特に人気があるのは「スポーツスターファミリー」「ダイナファミリー」「ソフテイルファミリー」「CVOファミリー」「ツーリングファミリー」などです。

 

これらは新車販売価格が高額でありながらも人気や中古ニーズが高く、リセールが上がる要因となっています。

 

各ファミリーの特徴は以下のようになります。

・スポーツスターファミリー…ビッグツインが主流の他モデルとは違い、エボリューションエンジンが搭載された独自のスタイリングをもっています。軽量かつコンパクトで乗りやすいので、日本人からは圧倒的な支持を得ています。

・ダイナファミリー…スポーツスターのスタイルをビッグツインに取り込んだ斬新なスタイリングが大きな特徴です。

・ソフテイルファミリー…「ソフト・テイル」の造語。クラシカルなリジッド風フレームやフレーム下部のサスペンションによる柔らかい乗り心地が特徴です。

・CVOファミリー…カスタム・ヴィークル・オペレーション(CustomVehicle Operation)の頭文字が用いられています。最高といえる純正パーツを用いた究極のファクトリーカスタムモデルです。

・ツーリングファミリー…名前のとおり、アメリカ横断を意識しているため充実した装備が大きな特徴となります。「King Of Motorcycle」と呼ばれるハーレーを象徴するファミリーといえます。

ダイナファミリーのFXDB、スポーツスターファミリーのXL1200LやXL883L、ツーリングファミリーのFLHXなどは特に高い中古車需要があるといえます。

 

 

日本を代表する大型バイクも高いリセールバリューとなる

日本を代表する大型バイクもリセールが高いといえます。

 

特にZRX1200DAEGは、最後の大型ネイキッドといわれていて、日本人向けにつくられたバイクとして有名です。多くのファンがいるにも関わらず、惜しくも生産中止となってしまいました。中でも2016年に発表された限定モデルのファイナルエディションには、さらに高いリセールになることが予想されます。

 

GSX1300Rハヤブサは、世界でも最速といわれるほどの圧倒的な走行性能をもったオートバイです。GSX1300Rにしか味わえないスピード感を味わいたいというライダーは数多く、憧れの的となる存在といえます。

 

これらのバイクは日本を代表するといっても過言ではなく、多くの中古車需要があるためリセールが高くなります。

 

 

 

中型バイク(126cc~400cc)買取相場ランキング

排気量メーカー・車種名年式新車価格
(万円)
買取価格
(万円)
3年落ち
リセールバリュー
250ヤマハ・YZF-R25 買取相場201455.6376667%
250ホンダ・CRF250L買取相場201446.230.36368%
250カワサキ・Ninja250買取相場201451.232.85972%
400ホンダ・CB400SB買取相場201483.453.35870%
250ホンダ・CBR250R買取相場201449.9315866%
250ヤマハ・ドラッグスター買取相場201459.436.15467%
250ヤマハ・セロー250買取相場201449.329.85766%
223ホンダ・CB223S買取相場20144325.45860%
250カワサキ・エストレヤ買取相場201453.330.55658%
250ホンダ・VTR250買取相場201459.833.45160%
250スズキ・GSR250買取相場201445.124.34267%
250ヤマハ・マジェスティ買取相場201453.528.84247%
400ヤマハ・SR400買取相場201453.527.74955%
250スズキ・ST250E買取相場201447.123.85050%
250ヤマハ・マグザム買取相場201470.233.74048%
400ホンダ・シャドウクラシック買取相場201478.737.54451%
250ホンダ・フォルツァ買取相場201471.232.44546%

 

 

維持費が安い250ccモデルは若年層からの人気が高い傾向にある

維持費が安い250ccモデルは、若年層から圧倒的な人気を得ています。

 

YZF-R25、CRF250L、Ninja250など、250ccモデルは車検を必要としません。また2008年以降のフューエルインジェクション搭載モデルは燃費性能も格段に良くなっているため、燃料代もかなり節約できます。

 

小型に分類されるものの出力が高く、中には200km/h以上のスピードが出るようにカスタムされたモデルも存在するほどです。また高速道路を走行することも可能なので、最も利便性が高いクラスともいえます。

 

資金力に乏しい学生や新社会人といった若者から大きなニーズを得ている250ccオートバイは、リセールバリューが高くなる傾向にあります。

 

 

ブームを築き上げたバイクも高いリセールバリューを維持している

一大ブームを築き上げたバイクも高い一定の需要があります。

 

例えば、ビッグスクーターブームといえばマジェスティ、国産アメリカンブームといえばドラッグスターなどが挙げられます。現在生産中止となっているゼファーもネイキッドブームの立役者として希少性が上がっています。

 

これらのモデルは、爆発的にヒットしたこともあって根強いファンが増えているケースが多く、生産終了とともに価値が上がっていきます。

 

一大ブームをつくったモデルも、高いリセールを維持する傾向にあります。

 

 

定番といえるロングセラーモデルの人気はなかなか下がらない

古くから発売され続けているロングセラーモデルの人気は、中古車市場でもなかなか下がらないといえます。

 

SR400、エストレア、CB223Sなどのレトロタイプのオートバイは、デザインに飽きがきません。そのため、中古で購入したとしても古さを感じることがありません。また生産年数が長いためアフターパーツが充実、カスタムを楽しむユーザーも多いことが特徴です。

 

ほかにも、これらのモデルは単気筒エンジンという共通点があり、自分でメンテナンスができるので維持費をおさえることも可能です。

 

これらの要因から、定番のロングセラーモデルの価値は年数が経過しても落ちにくいのです。

 

 

 

原付1種・2種(~125cc)買取相場ランキング

排気量メーカー・車種名年式新車価格
(万円)
買取価格
(万円)
3年落ち
リセールバリュー
50ホンダ・リトルカブ買取相場201421.615.66579%
125ホンダ・PCX買取相場201432.920.75765%
50ホンダ・モンキー買取相場201429.818.75967%
125ホンダ・CBR125R買取相場201441235459%
125ヤマハ・シグナスX買取相場201428.6154659%
50ホンダ・エイプ50買取相場20142713.24850%
50ホンダ・ズーマー買取相場201424.310.93554%
50ヤマハ・JOG(ジョグ)買取相場201415.45.73441%
50ホンダ・Dio買取相場201416.45.53037%
50ホンダ・トゥデイ買取相場201413.84.32933%
125スズキ・アドレスV125買取相場201424.37.12534%
50スズキ・レッツ4買取相場201413.83.82430%

 

若年層に人気のあるバイクはリセールバリューが高い

全体を通して、若年層に人気のあるバイクはリセールバリューが高いといえます。

 

このランキングをみると、若い女性から人気のあるリトルカブや若い男性を中心に人気のあるPCXやCBR125Rなど、若年層から人気のあるバイクが上位となっています。中古車市場の多くは若年層ユーザーなので、若年層から支持を得るということは中古としてのニーズが高いことになり、リセールを上げる大きな要因となります。

 

つまり、若年層に人気のあるモデルはリセールバリューが高いということになります。

 

 

女性から支持のあるリトルカブの人気は圧倒的

男性ユーザー向けには多くのバイクが存在しますが、女性はそうでもありません。リトルカブ、ビーノ、ジョルノなど、ある程度限られているといえます。

 

中でも、リトルカブは業務に使われることの多いスーパーカブがベースとなっているため耐久性が高く、メカニックを苦手とする若い女性からの支持は圧倒的といえます。またデザインも丸みを帯びているので、男性用のバイクに乗っているという感じにはなりません。

 

中古で購入しても古さを感じさせず、不具合の心配も少ないことから若い女性からの需要が集中し、高いリセールバリューとなっていると考えられます。

 

 

定番モデルもリセールバリューが高い傾向にある

JOG、Dio、レッツといった定番モデルもリセールバリューが高い傾向にあります。

 

長く生産されているモデルというのは、それだけ人気があるからといえます。逆に人気のないモデルは、途中で生産中止になることも珍しくありません。定番モデルは修理・カスタムパーツも充実しているうえに、メンテナンスしやすいというメリットがあります。

 

近隣までの足として自動車と併用されることの多い定番モデルは、高い需要があるといえます。


 

 

 

【7つの特徴】買取相場リセールバリューの高いバイク


リセールバリュー高いバイクの特徴①:バイクメーカーもリセールバリューに影響

バイクメーカーもリセールバリューに影響を及ぼすことは少なくありません。同じ400ccアメリカンというカテゴリにおけるスタンダードグレードで比較した場合、国産4メーカーの買取り価格は以下のようになります。

メーカー名

モデル名

買取り価格(※)

ホンダ

シャドウ400

7万円~23万円

ヤマハ

ドラッグスター400

3万円~20万円

カワサキ

バルカン400

3万円~7万円

スズキ

イントルーダー400

2万円~25万円

※条件や状態によって異なります。

 

年式や状態などの要因によっても大きく異なるため、あくまでも相対的にみた場合ですが、ホンダ車のリセールバリューが高くなっています。他のジャンルにおいても、人気モデルを除くとホンダ車やヤマハ車のリセールバリューは高い傾向にあります。

 

 

 

リセールバリュー高いバイクの特徴②:人気絶頂で製造中止となったモデル

バイクが製造中止になるには、大きく2つの理由があります。

理由①:環境基準に対応できなくなったため

理由②:人気が下火になったため

高い人気をもっているにも関わらず前者の理由によって製造中止となってしまったモデルは、生産中止後も中古車市場において根強い需要があります。例えば、カワサキ・ZRX1200Rは2008年に製造中止となった新車価格104.5万円のバイクですが、15年落ちでも100万円近くの査定額がついたというケースもあるほどです。

 

 

事例)カワサキ・ZRX1200R

画像出典:バイク比較.com

 

 

 

リセールバリュー高いバイクの特徴③:若年層や初心者に人気の高いモデル

若年層に人気の高いモデルは、比較的リセールバリューが高い傾向にあります。

 

大学生や新社会人を中心とする若年層は、バイクの購入資金が限られているため、中古でバイクを購入することが多いといわれています。中古バイクのユーザーの多くが若年層といっても過言ではありません。

 

つまり若年層に人気のあるモデルは、中古として需要が高くなるということになり、バイクの価値が下がりにくくなります。

 

 

【若年層】から人気のあるバイク3選

若年層から人気のあるバイクは、主に以下の4車種となっています。全体的にみると、車検がなく乗りやすい大きさの250ccかつスポーティなモデルへ人気が集まっているようです。

 

 

カワサキ・Ninja250

画像出典:バイク比較.com

 

 

ホンダ・CBR250R

画像出典:バイク比較.com

 

 

ヤマハ・YZF-R25

画像出典:バイク比較.com

 

 

スズキ・GSR250

画像出典:バイク比較.com

 

また初心者に関しても、最初から明確に好きなモデルが決まっているということでなければ、ほとんどのユーザーがお試し感覚で中古バイクを購入する場合がほとんどです。

 

 

【初心者】から人気のあるバイク3選

主に初心者は、足つきが良く手軽に扱えるようなモデルを好む傾向にあります。特に125ccクラスのバイクは使い勝手も良く、50ccスクーターよりもパワーがあり、燃費性能にも優れていることから高い人気を得ています。初心者以外に女性からの支持も高いといえます。

 

 

ホンダ・PCX

画像出典:バイク比較.com

 

 

ヤマハ・シグナスX

画像出典:バイク比較.com

 

 

スズキ・アドレスV125

画像出典:バイク比較.com

 

 

 

リセールバリュー高いバイクの特徴④:デザインが大きく変化しないと思われるモデル

流行によって大きく変化しないような、定番のデザインを取り入れたモデルも価値が落ちにくいことが多いといえます。

 

古くても新車とデザインがほとんど変わらないようなクラシック系などは、中古で購入したとしても古臭さがありません。デザインが流行によって左右されるわけではないので、カスタムしながら長く付き合っていくというユーザーも多く存在します。

 

飽きのこないデザインを採用しているため根強いファンも多く、人気に伴ってリセールバリューも高くなっています。希少性の高い●周年記念モデルなどは、さらに高くなる傾向にあります。

 

 

デザインが大きく変化しないクラシック系バイク

モデルチェンジによって大きくデザインが変更されないクラシック系バイクには、以下のようなモデルが存在します。

 

ヤマハ・SR400

画像出典:バイク比較.com

 

 

カワサキ・エストレヤ

画像出典:バイク比較.com

 

 

ホンダ・CB223

画像出典:バイク比較.com

 

 

 

リセールバリュー高いバイクの特徴⑤:限定モデルや特別仕様モデルなど

限定モデルや特別仕様モデルもリセールバリューが高くなります。

 

基本的に大排気量のバイクは生産台数が少ないという理由からリセールバリューが下がりにくく、小排気量の原付スクーターなどは生産台数が多いためリセールバリューが下がりやすい傾向にあります。

 

しかし小排気量モデルであっても、限定モデルや限定カラーを採用したような特別仕様モデルは生産台数が少ないため、状態にもよりますがリセールバリューは高くなります。例えばゼファーχのファイナルエディションの火の玉カラーは、希少性もあってかなり高額となっています。

 

 

リセールバリューの高い限定モデルや特別仕様モデルの一例

リセールバリューが高くなる限定モデルや特別仕様モデルは、以下のようになっています。

 

 

カワサキ・ゼファーχ(ファイナルエディション)

画像出典:バイク比較.com

※ゼファー400/ゼファーχに関しては、こちらの記事に詳しく書かれているため参考にしてみてください。

 

 

ホンダ・リトルカブ50周年スペシャル

画像出典:ホンダ公式HP

 

 

スズキ・GSX1100S KATANA FINAL EDITION

画像出典:スズキ公式HP

 

 

 

リセールバリュー高いバイクの特徴⑥:誰もが憧れるステータス性の高いバイク

ライダーたちの憧れの的となるステータス性の高いバイクもリセールバリューが良いといえます。

 

どんなに「かっこいい!」と思うような憧れのバイクを目にしても、新車価格が高ければ金銭事情によっては諦めることを余儀なくされてしまいます。特にハーレーダビッドソンのような大排気量の輸入車などは、二輪車でありながら新車販売価格が300万円を超えることも珍しくなく、ライダーたちの憧れでありながら手に入れるのは困難なバイクといえます。

 

以上のことから、所有しているだけで注目の的にもなるハーレーダビッドソンの各ラインナップ。そんなステータス性の高いバイクは、リセールバリューが高い傾向にあります。

 

 

ハーレーダビッドソンの中でもリセールバリューが高いモデル

そんなハーレーダビッドソンの中でも、特にリセールバリューが高いモデルは以下のようになっています。中でも、ハーレーラインナップでは低価格で低排気量のスポーツスターファミリーは人気が高く、概ねどのモデルあってもリセールバリューが高いといえます。

 

 

FXDB(ストリートボブ)

画像出典:バイク比較.com

スポーツスターの走行性能をもつビッグツインのダイナファミリーは、ハーレーファミリーの中で一番人気があります。そのダイナファミリー内で最も人気のある車種がFXDBです。

 

 

XL1200X(フォーティーエイト)

画像出典:バイク比較.com

ボバースタイルの先駆け的存在として知られるXL1200Xは、スポーツスターファミリーの中で最も高い人気をほこっています。

 

 

FLHX(ストリートグライド)

画像出典:バイク比較.com

豪華装備のツーリングファミリーの中で、最も人気のあるモデルがFLHXです。

 

 

XL883N(アイアン)

画像出典:バイク比較.com

走りを重視したスポーツスターファミリーの中でも低排気量のアイアンは、100万円台で買える新車販売価格とブラックアウトされた独特の雰囲気から高い人気を得ています。

 

 

VRSCDX(ナイトロッドスペシャル)

画像出典:バイク比較.com

水冷エンジン搭載のVロッドファミリーの中では、最も高い人気をほこっています。

 

 

 

リセールバリュー高いバイクの特徴⑦:名車といわれているようなバイク

俗にいう名車と名高いバイクは、一度相場が上がってしまうと決して下がることがないとまでいわれています。

 

1970年~1980年代ごろまでに生産されていたバイクなどは、生産期間や生産台数が少ないなどの理由により、高い需要がありながらも中古車在庫そのものが少ないモデルが存在します。

 

それらのモデルに関しては、新車販売価格の数倍のプレミア価格がついています。ただし、旧車といわれるジャンルは廃車寸前の状態の個体も多いため、保管状況が良いほど価値が高く、より高額で買い取ってもらうことができます。

 

あまりの人気と価値の高さから盗難率なども多いため、保管状況には常に気を配らないといけません。

 

 

名車といわれている希少なバイク

そんな名車といわれる希少な車種の一部を、以下に紹介させていただきます。

 

 

ホンダ・CB900F

 

 

ホンダ・CB750F

画像出典:バイク比較.com

 

 

カワサキ・KZ1100R

 

 

カワサキ・Z-2

 

 

ヤマハ・YA-1

画像出典:バイク比較.com

 

 

ヤマハ・XS650

画像出典:バイク比較.com

 

 

スズキ・GS400

画像出典:バイク比較.com

 

 

スズキ・RE-5

画像出典:バイク比較.com





まずは、査定額を今すぐチェック!


最高の査定額を得るために、ユーザーとしてできることは、とにかく業者を比較すること。数ある一括査定サイトの中で信頼できるサイトのみご紹介いたします。

【比較サイトNo1】バイク比較ドットコム

バイク比較ドットコム

「バイク比較ドットコム」を使うメリット

【50万人が利用】実績ダントツNo1のバイク買取一括査定サイト
【業界1~5位参加】業界No1バイク王・No2バイクランドも参加!
【過去の買取相場まるわかり】過去数万件のデータが入力後スグわかる、相場感がすぐつかめる!!
【バイク業者が選べる】安心のシステム
【29秒で終了】かんたんな入力!


10万円以上も一括査定でお得↓↓

>>今すぐ買取相場をチェックする!


ページTOPへ

バイク買取TOPへ

(参考)車一括査定ナビクルの評判



バイク買取業者、口コミ評判ランキング【TOP17社】

【買取No1・知名度No1】バイク王の評判

(154件)
バイク買取台数年間12万台でぶっちぎりの1位!問題の満足度は…!?

【買取No2・対応車種No1】バイクランド評判

(64件)
バイク買取業界ではバイク王に続いて2位といわれていますが、その評判は…!?

【買取No3】バイクボーイ(ナガツマ)評判

(23件)
全国6店舗のみでも沖縄・一部離島を除くほぼ全地域に対応!その評判は?

【買取No4・口コミNo1】バイク査定ドットコム評判

(16件)
販売店『MFD』も運営し、査定額も高いと評判のバイク査定ドットコム。

【買取No5】バイクエースの評判

(10件)
満足度高い!事故車・不動車にも強く、丁寧な接客と正直な査定で有名。関東・東海・関西・九州に対応

【買取No6】バイクワンの評判

(21件)
2007年設立のバイク買取専門店ですが、業界大手と言われるまでに急成長。果たして評判はどうなのか?

【満足度No1】ホワイトナイト評判

(7件)
九州・福岡の雄。レッドバロンの子会社で満足度もダントツ高い!九州・四国の対応のみ

【評判いい】小笠原オートショップ

(11件)
買取部門「BVC査定センター」と販売部門「Oh!バイク直販センター」を運営。広島本社

【広島本社】アールエス福山

(11件)
広島を本社とする急成長中のバイク業者。中四国だけでなく対応地域も拡大中!

【販売No1】レッドバロンの評

(26件)
バイク販売台数10万台でぶっちぎり1位!果たして、買取はどうなのか?

バイクショップロミオ評判

(9件)
関東・関西を中心に店舗を展開、買取りを強化しているバイクがあえばお得になるかも…

SOX(ソックス)評判

(4件)
売上高80億円とバイク業界でも大手に入るソックス。バイク買取の評判は?

バイクパッション評判

(2件)
パッション屋良を起用したプロモーションで知名度を少しずつ拡大しているバイクパッション

ホンダドリーム評判

(-件)
ホンダのディーラー。有資格検査員など対応のよさはピカ一、独自の買取基準など要チェック!

YSP評判

(-件)
ヤマハのディーラー。「YSPスペシャルローン」という残価設定型ローンなど要チェック!

ユーメディア評判

(-件)
神奈川No1、KTMやトライアンフもカバーするディーラー。22店舗展開するなど要チェック!

バイク買取センター評判

(-件)
現車査定すると全員にQUOカードをプレゼント!

(参考)ガリバーの評判

(55件)
【車買取】台数年間20万台でぶっちぎりの1位!店舗数も1位ですが、実際のところ満足度は…!?


バイク買取!おすすめ

人気バイク買取相場ランキング

買取業者、規模別ランキング

バイク車検など

(参考)車買取の記事