トヨタ・パッソ、3年後のリセールバリューは37~50%?買取り相場はやや低い

      2016/09/28

パッソのリセールバリュー・買取相場は?

 パッソ

画像出典:clicccar.com

 

パッソとは?

パッソは、トヨタ自動車が製造・販売しているハッチバックタイプのコンパクトカーです。現行モデルは2016年より販売されていて、3代目となっています。初代モデルと2代目モデルに関しては、ダイハツと共同開発されています。

現行モデルに関しては、「街乗りスマート」をコンセプトに掲げて開発されていて、「軽じゃないK」というキャッチコピーが使われています。

 

パッソの特徴

女性から支持を受けている可愛らしい丸みを帯びたデザインと、ガソリン車ではトップとなる低燃費が実現しています。ボディカラーには「サクラミックス」や「スミレミックス」といったバリエーションがラインナップしていて、燃費に関してはデザインからは想像できない24.4km/L~28.0km/Lという驚異的な数値を叩き出しています。

 

 

パッソ、リセールバリュー・買取相場の目安

ダウン 

では、リセールバリューの検証について述べていきたいと思います。

それには基準となる条件が必要なので、以下の通りとします。

 

基準とするパッソのモデル

車種:トヨタ・パッソ

年式:2013年

グレード:1.0X クツロギ

走行距離:30,000km程度

ボディカラー:不人気色(パッソの場合はホワイト・レッド系以外)

修復歴:なし

新車時本体価格:109.5万円

まず、リセールバリューを知るためにはその車の相場を知る必要があります。そのため、「下取りシミュレーション」「実際の査定価格」「中古車価格から算出した相場価格」の3方向から考えていきたいと思います。

 

パッソの3年後の「下取り相場」「実際の査定価格」「中古車価格から算出した買取相場」

トヨタ・パッソ

(2013年式・3年落ち)

下取り価格

実際の査定価格

中古車価格から算出した買取相場

3年落ちの査定相場

41万円

(*1)

54.7万円

(*2)

59.7万円

(*3)

 

(*1)下取り価格

メーカーHPからシミュレーションしたところ、下取り価格は41万円という結果でした。

※注意:車種名やグレードのみでの価格で、細かい設定はこちらでは行えません。そのため、実際の価格ではシミュレーションより下回っていることも多いようです。

 

(*2)実際の査定価格

実際の買取り実績を調べたところ、上記の基準と一致する個体のもので54.7万円となっていました。因みにこの価格は一括見積もりを利用した時のMAXの査定価格となっています。

※こちらは細かいグレードまで近い条件となっています。

 

(*3)中古車価格から算出した買取り価格

現在販売されている中古車価格から理論的なリセールバリューを算出したいと思います。

限りなく近いと思われる個体の平均価格は85.3万円となりました。

一般的には中古車価格の70%が買取り価格と言われているので、85.3×0.7=59.7万円となります。

※残り30%は必要経費(陸送費用・オークション費用など)や運営費となっています。

 

 

【おすすめ】愛車の相場がなんと『1秒で』わかる!

査定依頼した後、今すぐ相場をチェックできる利用者数No1査定サイト↓↓


パッソのリセールバリュー・買取相場は37%~50%

案内 

トヨタ・パッソ

(2013年式・3年落ち)

下取り価格を基準にした場合

実際の査定価格を基準にした場合

中古車価格を基準にした場合

リセールバリュー

37%

50%

55%

計算式

41÷109.5万円

54.7÷109.5万円

59.7÷109.5万円

※小数点は四捨五入

つまり、パッソの3年後のリセールバリューは37%~50%という結果になりました。

 

 

パッソのリセールバリュー・買取相場がそこそこ良い5つの理由

ポジティブ 

1.(プラス要因)コンパクトカーの中でも女性人気が高い

パッソはコンパクトカーの中では、意外と高い人気を誇っていると言えます。そのため、「隠れ人気車種」なんて言われることもあります。人気を得ている原因と考えられる理由は以下の通りです。

 

①デザインが可愛い

パッソは女性をメインターゲットにした車なので、丸みを帯びたボディや内装のデザインが可愛いということが特徴です。当然女性からは高い支持を得ています。また、ボディカラーに関しても女性向けのキュートなラインナップとなっている点が喜ばれているのではないでしょうか。

 

②燃費が良い

女性のハートをキャッチしているもうひとつの大きな理由が、燃費の良さです。節約で知られているように、女性は金銭感覚がきっちりしている人が多いので、燃費の良さは喜ばれるひとつの大きな要因となっているようです。

 

③室内が広い

●パッソの室内

パッソ室内

画像出典:autoc-one.jp 

パッソは見た目のコンパクトさとは裏腹に、とても広い室内を備えているので非常に実用的です。荷物を載せることは当然、子供の送り迎えにも最適です。ライバル車であるホンダ・フィット以上の広さを誇っているという点も、人気が集まった理由かもしれません。

 

●ホンダ・フィット

フィット3

画像出典:www.carsensor.net

 

④コンパクトなボディ

女性は車に対して実用性を重視する傾向にあるので、取り回しにくい大型ボディよりもコンパクトで取り回しの楽な車を選ぶ傾向にあります。コンパクトなボディだと、狭い路地や駐車場でも車を当ててしまう心配が少ない上、快適に運転することが出来ます。

 

⑤買いやすい価格設定

トヨタ車=高額というイメージを持たれがちですが、パッソはダイハツ工業が作っているということと、トヨタのエントリーモデルということもあって非常に買いやすい価格設定となっています。

 

 ⑥女性スタッフが中心となって作られた車

女性がメインターゲットとなるモデルなので、制作陣には女性スタッフが中心となって女性目線での車づくりが行われました。そのため、女性に合ったモデルとなっています。

 

2.(プラス要因)グレードが豊富

カラーバリエーションだけではなく、グレードも豊富にラインナップされているため、自分の予算や好みに合った1台を探すことが可能です。中古市場でも多彩な種類から選ぶことが出来るのもリセールバリューが良い理由の一つとなっているのではないでしょうか。

 

3.(プラス要因)トヨタ自動車だから

安心と信頼のトヨタ自動車は海外ではもちろん、国内においても高い人気を誇っています。リセールバリューを左右する大きな要素の一つとも言えます。

 

4.(マイナス要因)女性は車両の状態に厳しい

女性がターゲットとなるモデルは、傷や凹みなどの状態に厳しい傾向にあります。中古車において、そういう個体は避ける傾向にあるからだそうです。そのため、状態の良し悪しも大きくリセールバリューに関わってくるようです。

 

5.(マイナス要因)コンパクトカーは需要が少ない

パッソはコンパクトカーの中でも女性から多くの支持を受けていますが、基本的にはコンパクトカーというジャンルは中古車市場において人気がないのでリセールバリューを下げてしまう傾向にあります。

 

 

パッソ、リセールバリュー・買取相場のまとめ

経済的、実用的、安いと3拍子揃ったモデルがパッソだと言えます。特に女性がどのコンパクトカーにしようか迷っている場合は、デザインが気に入ればバランスに優れている上にリセールバリューの高いパッソはおすすめです。 

維持費や普段使いでも活躍してくれることは間違いありませんし、それは買取り時にまで及ぶのですから至れり尽くせりなモデルなのかもしれません。これから新モデルを購入する方はエクステリアがより可愛らしい「モーダ」は人気が高そうなので、リセールバリューも期待できるかも(?)しれません。

 

●パッソ・モーダ

パッソモーダ

画像出典:www.goo-net.com

画像出典:http://www.photo-ac.com/

Pocket



【おすすめ】あなたの愛車今いくら?

50万円以上お得になったケースも多数あり、No1サイト↓↓

 - 【リセールバリュー】高い車種, 車を売る(買取・下取り), 車を購入する