くるま下取り最高査定額ナビゲートサイトQ&A|中古車の個人売買について

中古車の個人売買がこの前新聞でとりあげられていましたが、どうなんでしょうか?

個人売買について

中古車の個人売買とは、文字通り買取業者やディーラー下取りではなく、個人間で売買することをさします。とにたく高く売るために、個人売買もご検討されている方がいらっしゃると思いますので、メリット・デメリットを考察いたしました。


個人売買のメリットについて

1.業者のコストや利益がのっからないので、買取価格が高くなる!
中古車の一般的な流れとして、
中古車売る人⇒買取店や下取り店の買取⇒オークション会場出品⇒販売店で販売⇒中古車を買う人へ
という流れになります。
つまり、販売までに、買取店や下取り店のコストと利益⇒オークション会場のコストと利益⇒販売店のコストと利益といろいろなコストがかかってきます。
ですので、100万円ぐらいの価格帯の中古車ですと、20~30万円ぐらいは上乗せされているのではないでしょうか?この部分を個人の買い手と売り手がわけわけすることになりそうです。

2.消費税がかからないので買取価格が高くなる!
結構知らない人が多いのですが、会社が買取る場合は消費税がかかりますが、個人が買い取る場合は消費税がかからないのです。なぜかというと、消費税というのは、商売をしてますよ!という人にお金を払うときに発生するもので、個人の場合だと個人事業主を除いて、車を買い取って商売するわけでないため、消費税はかかりません。
今議論されている増税ですが、2014年には10%になりますね。つまり、100万円の中古車ですと10万円がかからなくなります。なんと10万円です。もし、15%といった事態になると、15万円ですよね。中間業者のコスト・利益の上乗せと同様、この部分を買い手と売り手でわけわけすることができます。

3.業者には評価されないカスタム車が評価される可能性
カスタマイズされた車について、業者に評価されずに査定額が特別低い場合も多いようですが、個人売買によって趣向の合う人にみてもらえれば、逆に高い評価が得られる可能性があります。

4.個人売買をサポートするサービスもいくつかでてきている!
まだまだメリットにあげられるほどではないですが、個人売買に業者を絡ませたりして、各社とりくんでいます。


個人売買のデメリットについて

1.いろいろな手続きを個人でしなければならない
陸運支局や警察署に書類を提出しながら、車の名義変更をして車庫証明して、って結構面倒な手続きが必要になります。

2.トラブルがおきても当人の話しあいで解決しなければならない
そもそも走行距離が事前に聞いていたものと違う…、見た目はきれいだったけど中身が…、えっ事故車だったの??…、キズがめっちゃあるやん…、など顔をあわせず現物をみないで取引するのが多いため、こういったトラブルはちょこちょこおきてしまうようです。きっちりと売買契約書を作成して、契約事項を曖昧にせずしっかりしておく必要があります。どういった内容に気をつけるべきかを知るためにも、本なびくるのサイトで具体的な文面をご紹介します!
>>中古車の個人売買の契約書はコチラ

3.自動車ローン・オートローン・マイカーローンが組めない
個人売買が多少とももりあがっているとはいえ、まだまだ個人売買に対しての自動車ローンは充実していないのが現状のようです。車の個人売買においては、現金売買が主流です。ローンを組むとなると、マイカーローン特有の名目が無くても組める、フリーローンを組むことになり、マイカーローンよりも金利が高めになってしまいます。


個人売買、結局どっちがいいの?

個人売買がそこそこ騒がれているとはいえ、業界の仕組みができていないのが現状、今のところ金額の面、手間の面、トラブル回避の面など総合的にみても、ナビクル(なびくる)などの一括査定サービスを活用するのが効率的かと思われます。ただ、消費税が引き上げられ、個人売買の仕組みが整備されはじめると、個人売買も高値を狙う絶好の機会となるかもしれません。ナビクル以外の個人売買のサイトを少しみてみるのもいいかもしれませんね。

かんたん車査定のナビクル(なびくる)あなたの愛車のお値段は?

「かんたん車査定なびくる」イチオシの理由
●ナビクル(なびくる)なら32秒のかんたんな入力でわかる!
評判のよい会社のみ!中古車大手団体JADRIに属する安心の車買取会社だけ提携
NO1のガリバーなど大手も提携

65万円も一括査定でお得になった!?査定例を今すぐチェック↓↓



>>ページのTOPへ戻る

>>車下取りVS一括査定

>>なびくるサイトTOP

車下取りについて

車買取査定会社の評判

車買取販売ガリバーの評判

なびくる車買取査定Q&A

なびくるの車買取査定

車情報

バイク買取について

>