【1分でわかる】ガリバー「セルフ査定」、コスト削減で高額査定を実現!

   

ガリバー「セルフ査定」とは?

%e3%82%bb%e3%83%ab%e3%83%95%e6%9f%bb%e5%ae%9a%e2%91%a0

株式会社IDOM(イドム、旧株式会社ガリバーインターナショナル)が運営しているガリバーが2015年7月27日より始めた新サービスのことです。

 

従来の査定の常識を覆すサービス、3つの違い

このセルフ査定は、私たちが考えているような従来の査定方式ではなく、まさしく現代に相応しい新時代のサービスと言えるかもしれません。どのような点がこれまでの査定と違うのかを比較してみたいと思います。

 

従来の査定方式との違い①:査定の場所やタイミング

従来の査定の場合

クルマの査定と言えば、ウェブサイトや電話から申し込みを済ませて都合の良い日にちを予約した後に査定スタッフの方に来てもらうという方法と、こちらから店舗へ行って直接クルマを査定してもらうというのが一般的です。

 

セルフ査定の場合

しかし、この「セルフ査定」は中古車査定業界では初のサービスとなっていて、パソコン、スマートフォン、タブレット端末などを用いて、いつでもどこでも自分のクルマを自分で査定することが可能となっています。もちろんそのまま売却の手続きまで出来てしまう、従来とは全く異なる査定・売却サービスをガリバーは提唱しているのです。

パソコンスマホ

現在では、それらのデバイスに対応したセルフ査定専用のアプリも開発なのだそうです。

 

従来の査定方式との違い②:人とのやり取りはなし

従来の査定の場合

査定スタッフが出張査定に自宅へ来る場合であっても、持ち込みで愛車を査定してもらう場合であっても、その特性上必ず査定スタッフの人とのコミュニケーションは生じてしまいます。

 

セルフ査定の場合

%e8%87%aa%e5%ae%85%e3%81%a7%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%9b

査定自体がメールなどのやり取りで済んでしまうため、査定スタッフの人に来てもらったり自ら車を持ち込んだりして、金額交渉を行うことやコミュニケーションを取るといったようなことはありません。

 

従来の査定方式との違い③:アピールポイントも入力することで査定額アップ

従来の査定の場合

査定スタッフが自身の愛車を査定した後は、もっと査定額を上げてもらえないか交渉するのが普通です。例えば、他社の査定額を提示して競合してもらうとか、その場で即決するなどの交渉によってユーザーは何とか査定額を少しでも高く上げようと試みます。

また、アピールポイントに関しても直接査定スタッフへ伝えることで、金額のアップに繋がるというのが一般的です。

 

セルフ査定の場合

 カーナビ

自身が把握している愛車の傷や汚れなどの情報の入力も必要になるのですが、同時にカーナビやサンルーフなどのアピールポイントとなる条件も入力することで査定額アップにつながります。

 

【おすすめ】愛車の相場がなんと『1秒で』わかる!

査定依頼した後、今すぐ相場をチェックできる利用者数No1査定サイト↓↓


「セルフ査定」の流れ

では、簡単にセルフ査定の流れを説明していきたいと思います。

 

STEP①:相場価格の提示

%e3%82%bb%e3%83%ab%e3%83%95%e6%9f%bb%e5%ae%9a%e2%91%a1

13項目のクルマの情報を入力すると後日、専用のURLが添付されたメールが送られてくるのでそちらにアクセスします。そこには入力した車種の概算金額が提示されています。

 

STEP②:買取価格の提示

%e3%82%bb%e3%83%ab%e3%83%95%e6%9f%bb%e5%ae%9a%e2%91%a3

相場価格に納得できれば、次にきちんとした査定額を算出するためにもっと細かい傷や汚れといった情報も入力します。また、査定額アップにつながるアピールポイントなども、この時に入力していきます。

 

STEP③:売却申し込み

%e3%82%bb%e3%83%ab%e3%83%95%e6%9f%bb%e5%ae%9a%e2%91%a2

査定額に納得できればそのまま売却の申し込みへと進みます。

 

セルフ査定のメリットとデメリット、4つの特徴

 

セルフ査定のメリット

メリット①:コスト削減による高額査定が期待できる

%e3%82%bb%e3%83%ab%e3%83%95%e6%9f%bb%e5%ae%9a%e2%91%a4

ガリバー側からすれば、店舗運営費・人件費・出張費用といった従来の査定に必要だったコストが削減できるので、その分高額査定が期待出来ます。

 

メリット②:しつこいセールスを避けられる

%e5%96%b6%e6%a5%ad%e3%83%88%e3%83%bc%e3%82%af

人と関わることがないので、従来の査定サービスでトラブルになっていた査定スタッフによるしつこい交渉や、査定申し込みをしたことによって何度も営業の電話が鳴り続けるといったデメリットが解消されています。

 

セルフ査定のデメリット

デメリット①:提示額以上のUPは難しい

%e9%a0%ad%e6%8a%b1%e3%81%88%e3%82%8b

従来の査定であれば、他社と比較して金額を上げてもらうとかクーポンなどを使って査定額を上げてもらうことは可能です。しかし、セルフ査定では交渉自体がないので、伝えられた金額以上は期待出来ません。

 

デメリット②:愛車の売却を人柄で選ぶという人には不向き

%e4%ba%a4%e6%b8%89%e6%88%90%e7%ab%8b

口コミなどに目を通していると意外と多かった意見が、「信頼できるスタッフだったから売却を決めた。」という内容です。多少査定金額が安くても、愛車を大切に扱ってくれそうだからという理由で決める人は多いのです。セルフ査定では人との接点がないので、そういった考え方で売却を決めている人にはあまり適していないと言えます。

 

まとめ

査定においては経験者によってネット上でも様々な口コミが広がっています。それらの内容を見て敬遠している人が多いのも事実です。また、車に詳しくない人や女性などは足元を見て安く買い叩かれるのでは?という不安も付きものです。

そういった人たちにとってはとても利用しやすいサービスと言えるのではないでしょうか。また、他社も同じサービスを追従して提供する可能性もあるので、パソコンやスマートフォンのみで交渉が可能になる日が来るかもしれませんね。

 

▼ガリバーの評判・口コミに関連する記事

画像出典:221616.com
画像出典:http://www.photo-ac.com/

Pocket



【おすすめ】あなたの愛車今いくら?

50万円以上お得になったケースも多数あり、No1サイト↓↓

 - 車を売る(買取・下取り), 車買取・販売会社