新生Ninjaとして大ヒット「Ninja250シリーズ」買取相場と高額査定のポイント

   


高価格化する日本のバイク事情を変えたとも言われている、大ヒット車種「カワサキ・Ninja250シリーズ」。

2008年に登場し、今や街中の至る所で見かける250ccのスタンダード的存在になりました。

 

Ninja250シリーズの歴史

ws002202012出典:http://bike-lineage.jpn.org

「Ninja250R」初代モデルの大ヒット

初代モデルは、2008年に「Ninja250R」という名前で発売を開始しました。
Ninjaの名前を冠していますが、今までNinjaシリーズと呼ばれてきた「GPZシリーズ」と比べると大きく異なる車両です。

スタイリングこそ現代のスーパースポーツタイプの様なスポーティな外観に仕上げられていますが、ZZR250から流用した水冷4ストローク直列2気筒エンジンを搭載したことにより、乗りやすさも兼ね備えています。

ポジションはレーシーなセパレートハンドルを採用しているものの、それほど窮屈ではありません。

「スタイリッシュで乗りやすい」という部分が250ccというカテゴリーにおいて大きく評価されています。

また、求めやすい価格も大ヒットへ繋がりました。

バイク新車価格の高騰が続いていましたが、Ninja250Rは「カワサキモータース エンタープライズ タイランド(KMET)」で製造を行い、極力世界共通で販売できる仕様にすることによって、発売当初は日本でも49万8000円という価格で売り出すことに成功しました。

 

2代目「Ninja250R」

そして、 初代(Ninja250R)が大ヒットしたことにより、他社からも似たようなコンセプトの車両が急増しました。
そのような車両に対抗する為に、2012年にはモデルチェンジが行われ、「Ninja250」へ車両名を変更。
ws002202013
出典:http://bike-lineage.jpn.org/

外観は更に先鋭的なイメージを帯び、大型スーパースポーツの様なフェイスを実現すべく「デュアルヘッドライト」を採用しました。

ブレーキシステムにはABS(Antilock Brake System)を採用するグレードを設定し、大型車並みの安全性能も従来の250ccクラスでは考えられない装備です。

リッタースポーツバイクの様なイメージを強め、スタイリッシュかつ手ごろなバイクを求める層への人気をさらに強めました。 ※2014年モデルからは、日本生産へと移行します。

そして2代目ではバリエーションモデルの追加が行われます。

Ninja250の派生モデルとして、「Ninja250SL」を発売しました。
ws002202017
出典:http://bike-lineage.jpn.org/
標準モデル以上に「シンプルでレーシー」がコンセプトとなり、単気筒エンジンとシングルヘッドライトを採用。
SLは「SUPER LIGHT」の略で、他社で販売されている単気筒エンジン採用の軽量ボディを売りとするバイクのライバルとしてラインナップされました。

軽量化に拘り、Ninja250とは異なる専用のトラスフレームを製作。
その結果、Ninja250よりも20kgも軽く、価格は10万円も安価です。
これにより単気筒でスポーティな走りを求める層から圧倒的な支持を受けています。
Ninja250よりも安価ですが、内容としてはよりハードな走行を求める上級者向けです。

 

「新生Ninjaシリーズ」は、どれも今までのNinjaシリーズ程の荒々しさを感じません。
しかし、環境への配慮などを全て達成した上で、パフォーマンスと低価格を併せ持つという偉業を達成し、多くのライダーに親しまれるシリーズとなりました。

 

Ninja250シリーズの中古車相場

2016年10月現在、ニンジャシリーズは中古車においても非常に人気の高いモデルとなっています。

  中古車 本体価格の全国平均 中古車 乗り出し価格の全国平均
初代 Ninja250R(EX250K) 約33万円 約38万円
二代目 Ninja250(EX250L) 約43万円 約50万円
Ninja250SL(BX250A) 約34万円 約40万円

初期型のNinja250Rは価格が落ち着いてきたものの、それでも中古車両本体価格の全国平均は約33万円となっており、依然として高いと言えるでしょう。 乗り出し価格は平均で38万円です。
※初代の新車が欲しい方は、在庫がもう少ししかない為、今がチャンスです。

2代目となるNinja250は、デュアルヘッドライト採用ということもあり、発売当初から人気が途絶えません。
中古車でも本体価格が全国平均で43万円、乗り出し価格が全国平均50万円です。
新車価格の乗り出し価格60万円を考えると、新車がお得と言えるでしょう。

2代目のバリエーションモデルであるNinja250SLは、中古車の車両本体価格が全国平均で約34万円、乗り出し価格の平均は約40万円です。

しかし、2015年発売のNEWモデルということもあり、中古車は希少。探すのも一苦労です。
新車の乗り出し平均も47万円程度となっていますので、こちらも新車の方がお買い得感は強いでしょう。

 

>>今スグ愛車の買取相場をチェック!

Ninja250シリーズ 買取相場と高額査定のポイント

ws002202018出典: http://hobbyvideo.seesaa.net

前項でも述べた様に、新車価格自体がお手頃な車両となっています。

しかし、あまり乗られていない程度の良い車両は高価買取を行っているので、数社で見積もりを取る等により高価買取が期待できるでしょう。
走行距離を走っている車両は、価格が少し下がります。

15000~20000km走っている車両の場合、転倒歴が無くても以下の様な買取相場です。

  • 初代 Ninja250R(EX250K)  ~15万円
  • 二代目 Ninja250(EX250L)  ~30万円
  • Ninja250SL(BX250A)   ~25万円

こうしてみると、新車価格は安いのにも関わらず、Ninja250SLの買取価格が良い様に感じられます。

それは、まだ発売されたばかりのモデルで、販売台数もNinja250と比較すると少ない為です。今後も球数が少なければNinja250SLの買取が他モデルより良いケースはあるかもしれませんが、元々新車価格が安い車両は急激に買取相場が落ちる事がある為注意が必要です。

いずれのモデルにも言えるポイントですが、意外にも立ちごけ傷が多い車両が目立ちます。
乗りやすく作られているとはいえ、前傾姿勢なポジションが災いし転倒させてしまうオーナーが多いのです。

バーエンド部分等の少しの傷なら、修復してから買取に出した方が査定額を減額されずに済むでしょう。


あなたの愛車今いくら?

1分の入力で、平均5万円以上お得。利用者数50万人!

バイク比較ドットコム


>>バイク買取TOPへ

 - 中古車情報, 売る・買取